ものづくりメカトロ研究所の活動方針と使命

 ものづくりメカトロ研究所は、新しい概念の機械の創造、言いかえれば今までになかった未来機械の創造をめざし、世の中に役立つ新しい機械の開発を志向します。そのために産学官の連携を強力に推進して、それぞれが持つ優れた部分を融合させて、今までシーズにとどまっていた技術をニーズに変えていくことが、我々ものづくりメカトロ研究所の大きな目標です。
母体となる株式会社菊池製作所は、基盤技術として設計,金型製作,精密板金,切削,ハンドモールド,モールド成形,プレス加工,3D CAD/CAMデータによる部品加工・メタルインジェクション・アルミホット鋳造等,先端技術と匠の技の融合で多方面で事業を展開しており、これらの技術を応用した研究開発テーマとして、1) アルミホットダイカスト開発 2) 微少流体デバイス開発 3)パラレルリンク応用開発  4) ロボット開発を行っています。

研究開発1. アルミホットチャンバーダイカスト [Aluminum Hot Chamber Die-casting]

サンプル画像

 従来のアルミダイカスト(アルミ・コールドチャンバー・ダイカスト)では成型が不可能であった純アルミによる複雑で薄肉成型を、自社開発したアルミ・ホットチャンバー・ダイカストマシンで可能にします。
低い射出圧力による複雑形状の鋳造品が成型でき、高い放熱性が必要なパワー半導体デバイスなどへの適用が考えられます。

研究開発2. 微少流体デバイス [Micro Fluid Device]

サンプル画像

 微少な流体(気体や液体)を扱う超小型の機能デバイスとして、メタルマイクロポンプやマイクロフローセンサーの開発を行っています。
環境・エネルギー・医療というキーワード沿った興味深い技術開発であり、大きな市場性を持ったテーマです。

研究開発3. パラレルリンクメカニズム [Parellel Link Mechnism]

サンプル画像

 パラレルリンクメカニズムは6つのアクチュエータが並列(パラレル)に固定配置されたステージを、任意の3次元空間上のポイントに高精度に位置決めすることが可能な原理です。
この原理を応用して、異形パイプを3次元的に曲げることが可能なパイプベンダーや高精度の位置決め装置を開発しています。

研究開発4. ロボット開発 [Robot technology]

サンプル画像
サンプル画像

 産学共同で推進した研究開発成果や知的財産移管を利用し、レスキューロボットや介護用ロボットの技術開発を行っています。
災害時における人命救助や直接人が入れない領域の探索などへの利用、手の振るえ防止や歩行補助などに役立てることを考えています。
最近注目されている事案として、"マッスルスーツ®"があり、実用化に向けて産学間の連携で積極的に進めています。

What's New

2014.04.28
メタルマイクロポンプ英文サイトを閉鎖
2014.01.23
マッスルスーツ®についての紹介記事をアップ
2013.06.10
手首装具について、amazonでの試験販売を開始
2013.04.01
内容を一部更新しました。MMP サンプル販売価格改定、他
2012.08.07
内容を一部更新しました。MMP sales infomation page in English 追加
2012.07.02
内容を一部更新しました。
2012.05.22
ホームページをリニューアルしました。

Services

動画再生

ものづくりメカトロ研究所の技術を動画で紹介しています。
クリックしてください。

LINK

開発に関するコラム 3

企業における開発の位置付けについて話をしよう。
開発は継続的に企業を存続させるために必要な行為である。何もせずに従来の事業が10年以上続いていくなんてことはあり得ない。そんなことは誰でも良く知っている。顧客のリクエストは変化するし、ましてや政治や自然環境の変化によって選択の有無がなくなるような事だってある。
不確定な未来のために、企業の存続を前提にして、可能性のいくつかを種として蒔いておくことが必要だから、開発があるのだろう。

私が考える良い開発のあり方は、
①企業の収益に直接依存しにくい推進方法や経費推進方法を採る事。
②成長の可能性の高い種の育て方を、大学や公的な研究所からソリューションとして得ること。
③長期的に人材を教育し、エキスパート人材を育てること。
である。
開発行為に売上げを求めてはいけない。開発はあくまでも未来への投資であって、直近の売上げに寄与するものではないのだ。最低5年のスパンで間接費として確保し、本体の収益に影響しづらい推進体制作りが望ましいのではないだろうか。
その中で、大学や公的研究機関に協力を求めよう。彼らには、企業の開発者が抱える課題に対するソリューションがあり、丁寧に答えてくれる。また開発人材が育っていくためのメソッドもまたそこにあるのだ。

事業の種をチョイスするのは企業であって、市場調査データや顧客の感覚を敏感に察知しなければいけない。これは鉄則。
良い種の目利きになりなさい。

あなたが所属する会社はどうだろうか?
経営判断という命令の元に、良い種だと思って育ててきた開発が打ち切られる、身を切られるような切なさから、何とか抜け出したいものである。

カレンダー


このページのトップへ